2007年10月12日 (金)

訃報5 ~黒川紀章~

どうも、僕です。

 

まさか、この人が・・・・、

Kurokawa_kisyo 

建築界の鬼才【黒川紀章さん・死去速報 

2007年10月12日午前8時42分、

多臓器不全による心不全の為、東京・女子医大病院で死去。享年73歳。

葬儀等の日程は詳しくは未定。13日に密葬が行われる予定。喪主は妻で女優の若尾文子さん。

 

【生い立ち】

  • 1934年(昭和9年)4月8日、愛知県海部郡蟹江町に生まれる。
  • 1953年、東海高校卒業。
  • 1957年、京都大学工学部建築学科卒業。
  • 1964年、東京大学大学院建築学科専攻博士課程修了(丹下健三研究室)。槇文彦磯崎新谷口吉生らと共に、丹下研究室出身の建築家である。
  • 1965年、高村光太郎賞受賞。
  • 1960年代、建築理論メタボリズムを構築し、これに基づいた増築・取替えの可能な建築として中銀カプセルタワービルなどを設計した。
  • 1978年、毎日芸術賞受賞。
  • 1979年、日本初のカプセルホテルを設計。
  • 1983年、テレビ番組での共演をきっかけに若尾文子と結婚。その時の口説き文句は「君の美しさはバロックだ」。弟は建築家の黒川雅之。その妻の加藤タキは義妹にあたる。
  • 1986年、フランス建築アカデミーゴールドメダル受賞。
  • 1988年、リチャード・ノイトラ賞受賞(米国)。
  • 1989年、世界建築ビエンナーレ・グランプリ・ゴールドメダル受賞、フランス芸術文化勲章受賞。
  • 1990年、日本建築学会賞受賞。
  • 1992年、日本藝術院賞受賞。
  • 2002年、国際都市賞受賞(スペイン:メトロポリス協会)。
  • 2006年、文化功労者
  • 2007年4月、東京都知事選挙に出馬。政治団体共生新党を設立して代表に就任。共生新党公認候補として立候補したが落選する(確定得票数159,126票)。
  • 同年7月29日、第21回参議院議員通常選挙において、東京都選挙区から出馬したが、20人の候補者が5議席を争う大混戦のなか、10位のドクター・中松に2万票差をつけられる11位で大敗。共生新党は議席を得られなかった。

日本会議代表委員。アメリカ建築家協会名誉会員、英国王立建築家協会名誉会員、日本景観学会会長、ブルガリア建築家協会名誉会員、フランス建築家協会正会員、カザフスタン建築家協会名誉会員、ロシア建築アカデミー外国人会員などを歴任。

世界を舞台に活躍した。世界的建築家。数多くの建物を設計。

しかし、

心労が祟ってか、身体はだいぶ弱っていたようで、2度に亘る選挙の重なり、かなり無理していた。そして、2007年10月12日午前8時42分、多臓器不全による心不全により死去。享年73歳。

まさか、そんな、そんな気持ちです。

あの人なら、天国の都市設計でも始めるかもしれませんね。

心より、ご冥福をお祈り申し上げます。

 

では、また、

 

Kurokawa_kisyo  

主な作品一覧(完成年代順)

 

 

都市革命―公有から共有へ Book 都市革命―公有から共有へ

著者:黒川 紀章
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

新 共生の思想―世界の新秩序 Book 新 共生の思想―世界の新秩序

著者:黒川 紀章
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

黒川紀章 都市デザインの思想と手法 Book 黒川紀章 都市デザインの思想と手法

著者:黒川 紀章
販売元:彰国社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

訃報4 ~中島忠幸~

どうも、僕です。

 

 

ウワッ、マジで涙が・・・

Kanning  

 

 

 

 

 

お笑いコンビ 「カンニング」中島忠幸さん・死去 速報)

2004年12月から、急性リンパ球性白血病のため闘病を続けていたお笑いコンビ「カンニング」のツッコミ、中島忠幸さんが20日午前11時46分、白血病ウイルス性肺炎のため都内の病院で亡くなられました。享年35歳。

復帰は当初「年内から2006年春(遅くとも4月末頃)には復帰」と言われていましたが、予定から大幅に伸びてしまい2006年11月に「2007年5月ごろに復帰」と公言されており、2006年夏ごろは骨髄移植の手術を行い、その後、一時は退院して自宅からの通院で治療を続けていた。

相方の竹山さんは発病時に、「100%完治すると聞いた」と安どの表情を見せ「それまでにお笑いブームは終わるでしょうが、復帰を待ちます」と努めて明るく話していたことから、その心中は伺える。

もう、あのツッコミは見れない・・・・・。(ファンでした・・・。

心より、ご冥福をお祈り申し上げます。

 

では、また、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

訃報3 ~丹波哲郎~

どうも、僕です。

 

 

芸能界の生き字引、大俳優・国際俳優。自称:霊界研究家

Tanba_testuro  

 

 

 

 

 

 

 

俳優 【丹波哲郎さん・死去】 (速報)

先日、9月24日午後11時27分、

肺炎のため東京都三鷹市の病院でお亡くなりになりました。享年84。

通夜9月29日(金)午後6時から、告別式9月30日(土)正午~午後2時30分まで、東京都港区南青山2-33-20の青山葬儀所で行います。喪主は長男の丹波義隆氏です。

【丹波哲郎氏の生い立ち】                                                   本名は、丹波正三郎。東京・大久保の名家の三男。祖父・丹波敬三は大正時代を代表する薬学者として知られ、系図を遡ると平安時代に医学書『医心方』を著した丹波康頼に辿り着くという(丹波の国の農民だから丹波と名乗ったとの説もある)。

成城学校(新宿区原町)を卒業後、旧制第二高等学校(東北大学)や陸軍士官学校への入学試験に失敗、中央大学法学部英法科卒業。在学中に学徒出陣・GHQ通訳のアルバイトを経験。卒業後は団体職員となるも俳優を志し、創芸小劇場、文化座を経た。

  • 1952年「殺人容疑者」(新東宝)にて主演級の役でデビューしたが、その後、脇役ばかりの日々を過ごす。
  • 1959年フリー。
  • 1961年ニュー東宝で「霧と影」や「白昼の無頼漢」に主演し重厚な演技が徐々に注目を集める。
  • 1963年フジテレビのドラマ「三匹の侍」でスターダムにのし上がる。既に41歳であった。
  • 1960年代東映のギャング映画や任侠映画を中心に準主演級の存在感の有る役どころ(ギャングのボス・やくざの兄貴分など)で多数出演するなど演技派性格俳優として活躍。
  • 1967年世界的映画「007は二度死ぬ」に出演し、三船敏郎に次ぐ国際俳優と呼ばれるようになる。
  • 1974年代表作「砂の器」に出演。
  • 1975年代表作TVドラマシリーズ「Gメン75」に出演。
  • 1980年「二百三高地」でブルーリボン賞助演男優賞、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。
  • 1994年11月舞台「大霊界」を表現し、映像では得ることの出来ない素晴らしい空間を表現し話題を呼んだ。

2005年2月から約2ヶ月間、インフルエンザと虫垂炎のために入院しそれが原因で激痩せし、健康が懸念されていた。

そして、2006年9月24日午後11時27分、肺炎のため死去。享年84。

俳優活動は50年以上、映画出演作品は300本以上に及ぶ。そのうち外国映画は10本。さらに、俳優養成所「丹波道場」を設立、後進の育成も手がける。また、心霊学と霊界に造詣を持ち、心霊学研究書は1万冊以上。心霊関係著書は70冊。総発行部数は250万冊を越え、年間20回以上の講演を行う。自ら「死後の世界」を描いた映画を作成・出演し、300万人以上の動員を得た。

 

かなり、好きな方でした。(ファンでした・・・。                                      (自分的、死なないかも・・・な人。ビック3の一人でした。)

心より、ご冥福をお祈り申し上げます。

 

では、また、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

訃報2 ~橋本龍太郎~

どうも、僕です。

 

 

消費税を5%に上げ、アンパン総理と呼ばれた、

0933041ldp  

 

 

 

 

 

 

 

 

第82・83代内閣総理大臣

        【橋本 龍太郎・死去】 (1) (2) (3)

本日、7月1日午後2時ちょうど、

腸管虚血の敗血症性ショックによる多臓器不全のため東京都新宿区の国立国際医療センターでお亡くなりになりました。享年68。

自宅は東京都港区南麻布3-5-49-603。                  葬儀・告別式は近親者のみで執り行う。喪主は長男・龍(りょう)氏。政府、自民党は後日、内閣・自民党合同葬を行うことを検討している。

【橋本龍太郎氏の生い立ち】

              7月、厚生大臣秘書官。

                 11月、父の急死に伴い衆議院岡山2区より出馬。                                          26歳で初当選。

  • 1970年1月、第3次佐藤内閣の厚生政務次官。
  • 1976年12月、衆議院社会労働委員長。
  • 1977年11月、自民党政務調査会社会部会長。
  • 1978年12月、厚生大臣(第1次大平内閣
  • 1985年2月、大蔵大臣・竹下登を中心とする経世会の結成に参加。副会長となる。
  • 1986年7月、運輸大臣(第3次中曽根内閣
  • 1987年11月、自民党幹事長代理(竹下内閣
  • 1989年6月、自民党幹事長(宇野内閣)。選挙後、辞任。

         8月、大蔵大臣(第1次海部俊樹内閣

  • 1992年2月、自民党環境基本問題懇談会(後に環境基本問題調査会)会長。
  • 1993年7月、衆議院総選挙における自民党の敗北・下野を受けて、総裁・河野洋平の下、自民党政調会長に就任。
  • 1994年6月、通商産業大臣(村山内閣
  • 1995年9月、自民党総裁選に出馬。総裁・河野を不出馬に追い込み、河野の代わりに対抗馬として立候補した元厚相・小泉純一郎に大差をつけて第17代総裁に就任する。外相・河野の後任として村山内閣改造内閣の副総理を兼任。
  • 1996年1月、村山内閣退陣をうけ、後任の総理大臣に就任(第1次橋本内閣第2次橋本内閣)。

(1996年のペルー日本大使公邸占拠事件の際、外務省の対策本部に、大量の木村屋のアンパンを差し入れ、「アンパン総理」と揶揄される)

  • 1998年7月、参議院議員選挙の敗北を受けて辞任を表明した。小渕内閣で外交最高顧問に就任。
  • 2000年7月、平成研究会会長就任。
  • 2000年12月、行政改革担当大臣・沖縄開発庁長官(第2次森改造内閣
  • 2001年1月、省庁再編により行政改革担当大臣、沖縄・北方対策担当大臣に規制改革担当大臣を兼ねる

         4月、森喜朗の後任の総裁選に出馬したが敗れた。

  • 2004年7月、日本歯科医師連盟(日歯連)からの1億円献金疑惑が浮上し、平成研究会の会長を辞任し、同派から離脱。 次期総選挙での小選挙区岡山4区からの出馬を辞退する意向を示した。
  • 2005年8月、衆院解散後、総選挙不出馬=政界引退を表明。14回連続当選。次男・岳(がく)が後継者となる。

 そして、

2006年6月4日夜、腹痛を訴え入院。腸管虚血との診断を受け、大腸の大部分を切除するなどの手術を受けていた。

そのまま、危険な状態が続き、

6月末日、容態が急変。危篤状態となり、

2006年7月1日、東京都新宿区の国立国際医療センターでで敗血症性ショックによる多臓器不全のため死去 。享年68。

 

 

時代の風雲児の死去。政界への影響はあるにしろ、なきものかもしれません。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

では、また、

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月29日 (月)

訃報 ~岡田眞澄~

どうも、僕です・・・・。

 

今日は悲しいお知らせをします。

Masumi_okada

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俳優 【岡田眞澄さん・死去】 (速報)

本日、5月29日午前4時5分、

食道がんのため東京都内の病院でお亡くなりになりました。享年70。

葬儀は近親者のみで営みました。
後日、お別れの会を6月2日午前10時、東京都港区南青山2-33-20の青山葬儀所で行います。自宅は非公表。喪主は妻・恵子さん。

【岡田眞澄氏の生い立ち】
フランス・ニース生まれで、父は日本人画家の岡田稔、母はデンマーク人。母親は在日アメリカ軍翻訳家として活躍していた。ちなみに、コペンハーゲン人魚姫像のモデルは岡田眞澄のおばにあたる。

横浜インターナショナルスクールセント・ジョゼフ・カレッジに学ぶ。第二次世界大戦後まもなく、実兄E・H・エリックトニー谷の手引きで芸能界に入り日劇ミュージックホールの舞台に立つようになったため、同じくトニー谷の勧めでバレエのレッスンを受けたことがある。第6期東宝ニューフェイスに合格し、藤木悠宝田明佐原健二などと同期だったが、その後映画製作を再開した日活に移籍。

日活退社後、劇団欅を経て、以後、数々のミュージカル作品やバラエティ番組などで大活躍。特に、『とんねるずのみなさんのおかげです』の一コーナー「仮面ノリダー」では、敵役「ファンファン大佐」を好演したことで、幅広い年齢層から人気を得た。司会業でもフェミニスティックなダンディさが受けて好評である。

1994年12月10日パシフィコ横浜で開かれた、新進党結党大会の司会者としても活躍した。

 そして、

2005年7月23日食道がんで入院した。その為、レギュラー出演していた中京テレビクイズ番組「サルヂエ藤井隆と共に「サルさん」として司会を担当)は2005年7月11日放送分で降板した。

その後、快方に向かい、芸能活動に復帰、レギュラーの日本テレビ系「午後は○○おもいッきりテレビ」には頻繁にでもないが、たまに出演するようになった。しかし、がんでの入院だけに今までのがっしりした体型ではなくなった。

同年秋、リンパ節への転移が分かった。 

2006年5月29日食道がんのため死去。享年70。

 

けっこう好きな方でした。

只、ご冥福をお祈り申し上げます。

 

では、また、

| | コメント (0) | トラックバック (0)